Skip Ribbon Commands
Skip to main content

美術館・博物館・公文書館・図書館

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​美術館、博物館、公文書館、図書館には、ギャラリーか展示ケースかなどの展示環境にかかわらず、貴重なものが含まれています。 展示環境における相対湿度の影響は、温度の影響に比べて桁違いに大きなものです。 たとえ一般空調(HVAC)システムの相対湿度制御が利用できない場合でも、環境条件の長期記録を取ることは有用であると言えます。

導入事例、ウェブセミナー、展示環境などを保護するための機器やソフトウェアの仕様については、「Museum Monitoring eBook」(英語版)をダウンロードしてください。

ヴァイサラ HUMICAP® 相対湿度センサは、ドリフト率が低く、長期的な計測に最適です。工場において丁寧に校正されたヴァイサラの相対湿度計測機器は、高い計測精度を提供します。これらが組み合わさり、信頼性の高い機能と高度なデータ整合性が実現されます。高性能なHVAC製品の幅広い製品群は、相対湿度、温度、CO2計測の自由な組み合わせを提供する、ビルディングオートメーションの構成要素として使用できます。

ヴァイサラj環境モニタリングシステム(CMS)は、HVACシステムとは独立しています。 CMSは、環境条件の計測、モニタリング、文書化のための完全なソリューションです。計測機器は無線で使用できるため、展示内容の変更時や独立した展示ケースへの設置時でも簡単に移動することができます。HVACシステムによる湿度制御が行われている場合でも、CMSは特定の場所の状態をモニタリングする貴重なツールとなります。例えば、調査対象となる物の近くや広い空間の状態をマッピングするツールとして使用します。CMSは厳しい環境下でも成果が実証されています。

 eBookのダウンロード

展示環境のモニタリングに関するeBook(英語版)のダウンロードはこちら↑から