Skip Ribbon Commands
Skip to main content

圧縮空気の露点計測

​クリーンな乾燥した圧縮空気システムを確実に供給するために最も重要な計測のひとつとして、露点計測があります。露点計測はシステムの供給側や需要側のほとんどどこででも行われるため、利用条件と計測機器の要件は多様です。また、センサは水滴、周囲湿度、圧縮機油、化学的不純物などのさまざまな物質への耐性が求められます。

ヴァイサラのセンサは前述のてほとんどの環境下で使用可能です。また、市販されているセンサの中で高湿から乾燥まで素早い の応答時間を誇り、ドリフトを最小限に抑えることができるため、2年という長い校正間隔を実現しています。

圧力計測と露点計測の組み合わされたはさらに新しいメリットをご提供できます。
リアルタイムの圧力計測によって、大気圧下露点や、ppmへ正確な変換ができます。オンライン大気圧下露点計測,ppm計測を可能にします。
例えば、医療用ガスの規定要件なども容易かつ迅速に対応できます。 
ヴァイサラは業界で初めて、このニーズを満たすことができるよう、専門的に設計されています。 ヴァイサラの露点圧力変換器DPT146は圧縮空気のアプリケーションでのご使用に最適です。
Dewpoint Analyzer - DMT152 Vaisala DRYCAP® Dewpoint Transmitter DMT152
    概要

     概要

    • 安定性の高い機器


    上のグラフは、7年前に圧縮空気のラインに2台のDRYCAP® DMT242露点変換器を設置して、その後の校正や調整がない状態で行った検査から得られた結果です。ラインの状態は計器用空気として典型的な状態です。X軸は検査を行った年、Y軸はこの定期検査時点の基準温度との差を表しています。

    • 市販のセンサの中で、高湿から乾燥まで最速の応答時間を実現
    ヴァイサラの露点変換器は、環境の変化後わずか数分で、周囲湿度から-40℃露点までの正確な計測が可能なDRYCAP®センサを搭載しています。

    • 化学物質に対する耐性
    DRYCAP®センサは、圧縮機油やほとんどの化学物質の影響を受けません。

    • 2年間の長い校正間隔
    安定したポリマー材料、高度な自動補正、浄化機能により、センサの安定した記録が可能です。

    • 容易な校正サービス

    • 豊富なラインナップ
    軽量の携帯型計測器、設定を選択が可能な固定型変換器、OEMモデル。
    また業界初の露点と圧力計測を組み合わせたタイプです


    正確な露点計測により、エネルギー消費量を最大20%削減できます
    記事全文を読む

    推奨機種