Skip Ribbon Commands
Skip to main content

潤滑油の連続水分計測

​オイル中の水分含量のモニタリングは、潤滑油システムを備えたすべての機械に有用です。潤滑油、冷却油、絶縁油などいずれの場合でも、水分はオイルの性能を低下させます。水分含有量が高い場合には、腐食、オーバーヒート、機械動作不良など、代償の大きい問題を生じるリスクが高くなります。

ヴァイサラが独自に開発したオイル内水分の計測法は、オイル中の水分活性値を連続してオンラインでモニタリングし、フリーウォーター発生までの限度を直接示します。試験結果が出るまでに数日から数週間を要する従来のサンプリング方法とは異なり、ヴァイサラの連続計測法は常に信頼性の高い機器性能が発揮できます。

オンラインで計測できるため定期サービスのスケジュール作成に役立ち、予期せぬ故障でのシステム休止などを防ぎ、予防保全プログラムを支援します。必要に応じてオイル水分除去システムを作動させる必要はありますが、重要で高価な機械部品の故障リスクも低減できます。このことは、変圧器、タービン、船舶用エンジン、製紙工場など、オイル内水分量が大きな影響を及ぼす分野において特に重要です。
Water in oil analyzer, water in oil analyzer, moisture in oil, moisture in oil meters from Vaisala Instruments.
    推奨機種
    概要

     概要

    • ​ヴァイサラのオイル内水分計測器は、サンプリングすることなく、オンラインでリアルタイムに計測可能です。
    • この技術は、オイル内の水分活性値を計測し、オイル中にフリーウォーターが発生するまでの限度を直接示します。
    • 計測は、オイルの種類、使用期間、温度を問いません。
    • ボールバルブから設置できるため、工程を停止させる必要はありません。
    • ヴァイサラのオイル内水分センサは、純油、各種潤滑油、作動油にいたる広範な炭化水素液に対する耐性があります。
    • 工場 からの出荷に要する時間は通常わずか3日間です。製品は工場から直送します。
    • ヴァイサラの湿度計測プローブはボールバルブから設置するため、工程を停止させずに加圧状態のまま着脱できます。