Skip Ribbon Commands
Skip to main content

電力変圧器

電力変圧器のオンライン水分モニタリング

​水分は絶縁油の絶縁性を低下させ、変圧器の老朽化を早めます。従来、オイル内水分量は定期点検されてきましたが、水分レベルの変化は速いため、定期的なサンプリングだけでは十分でありません。変圧器を保護するために、オンラインの常時モニタリングシステムにより、タイムリーな監視と適切なタイミングでのメンテナンスを可能にするため費用効率の高いです。

ヴァイサラのHUMICAP®オイル内水分変換器MMT330シリーズは、絶縁油の水分をオンラインで正確に計測し、オイルの状態をリアルタイムに表示し、変圧器の動作状態を示します。この変換器は、あらゆる周囲環境と動作条件における水分をモニタリングでき、絶縁油種類によりません。計測データはサブステーションデータ収集システムに直接接続して送信できます。一時的なスポットチェック用としては、ハンディタイプオイル内水分計MM70をご提供しています。

ヴァイサラが設計したオンラインでオイル内水分を計測できる初のセンサ であるHUMICAP®は、長期安定性が保証されています。ヴァイサラはすでに、絶縁油の水分モニタリングに15年の経験を有しており、その製品は世界中で数千台の変圧器に使用されています。30を超える国々において各産業をリードするお客様が、オンラインの変圧器水分モニタリングにヴァイサラの機器を使用しています。


絶縁乾燥時の露点計測

変圧器を新設する際や、既設の変圧器をオーバーホールする際に、セルロース絶縁材の水分を取り除くために熱と真空で乾燥させます。乾燥後には、乾燥窒素でタンクを洗浄します。乾燥プロセスのモニタリングを行い、乾燥窒素による洗浄後の最終的な乾燥度を確認するために、露点計測が広く用いられています。

ヴァイサラは、取り付けタイプと携帯タイプの露点計測機器をご提供しています。ヴァイサラの機器は応答時間が短く、湿度が許容レベルに達したことを迅速に、かつ高い信頼性をもって確認することができます。

Transformer oil testing: online monitoring of transformer oil with moisture and temperature transmitters from Vaisala
    詳細については
    推奨機種