Skip Ribbon Commands
Skip to main content

構造物湿度計測

床材が未硬化のコンクリート上に置かれるときは、カビが生育したり、湿気による接着剤の分解で揮発性有機化合物(VOC)の放出が増大したりするリスクが高い状態になります。さらに、接着剤の剥離のために、修理費が高くついたり床材が回復不能な損傷を受けたりすることもあります。

ヴァイサラのHUMICAP®構造物湿度計測キットHM44は、コンクリート内の湿度を計測するもので、現場プローブ使用によるコンクリート床板内の相対湿度決定のための標準試験法であるASTM F 2170 – 02に準拠しています。ヴァイサラの掘削孔方式は、北欧諸国ではコンクリートの湿度計測の標準手法として認められています。
    推奨機種
    • HM40シリーズ ハンディタイプ湿度温度計 
    • ​HM40シリーズは、コンパクトで持ち運びに便利なハンディタイプの湿度計です。スポットチェックに最適で、使いやすく信頼性の高い測定を行います。
    • HMK15湿度校正器 
    • 湿度計測器の現場校正に簡単、確実に対応。飽和塩溶液を使用。
    • SHM40 Structural Humidity Measurement Kit 
    • The Vaisala HUMICAP® Structural Humidity Measurement Kit SHM40 is an ideal solution for the borehole method. The starter kit is comprised of an HMP40S probe, HM40 indicator and accessories for the borehole method in a weather-proof case, optimized for use in harsh and humid construction sites.