Skip Ribbon Commands
Skip to main content

ヴァイサラ Indigo 201 アナログ出力変換器

ヴァイサラ Indigo 201 アナログ出力変換器は、ヴァイサラのスタンドアローン型のインテリジェントプローブであるGMP251およびGMP252 CO2プローブ*)用のホストデバイスです。この製品は、ライフサイエンス、農業、食品、要件の厳しいHVAC用途などでの使用に適しています。

Indigo 201

Indigo 201Indigo 201Indigo 201Indigo 201


特長

利点
ヴァイサラ GMP251およびGMP252 CO2プローブ用プラグアンドプレイ接続 
取り付けが簡単
設定や一時的な計測値確認のためのワイヤレスインターフェース交換可能なプローブでダウンタイムを最小に
動作温度範囲: -40~+60°C、
ディスプレイ付き -20~+60°C
過酷な環境下でも安全:
防塵かつ多くの化学物質に耐性
カラー液晶ディスプレイ(オプション:ディスプレイ無しモデル)滑らかな表面で清掃が簡単
IP65準拠のハウジング
ワイヤレスでデータの評価と可視化を容易に
24V 電源入力
3チャンネルのアナログ出力 (mAまたはV)
2つの設定可能なリレー
 

*) 2017年以降に製造された、製造番号がアルファベットのN以降の文字で始まるすべてのGMP251およびGMP252 CO2プローブはIndigo 201との互換性があります。