ヴァイサラ温度データレコーダーDL 1000/1400シリーズ

​ヴァイサラDL-1000/1400温度データロガーは、製薬保管倉庫、研究開発室、病院、超低温冷凍庫、冷蔵庫、コールドルームなど、米国食品医薬品局(FDA)や国際適正基準(GxP)の規制対象となる環境下でのモニタリング、アラーミングおよびデータ記録に優れた性能を発揮します。

ヴァイサラviewLincまたはvLogのレポート用ソフトウェアと連動することにより、FDA/GxP規制環境下での温度記録にシンプルで確実なソリューションを提供します。ソフトウェアは暗号化されており、21 CFR Part 11(連邦規則第21条第11章)の適合要件に準拠したファイル改ざん防止機能とレポート作成機能を備えています。

さらに内部電源・メモリによる自律型の記録が可能なため、温度データがネットワーク障害や停電の影響を受ける心配がありません。

ヴァイサラ環境モニタリングシステムのviewLincソフトウェアを使用すれば、有線/無線イーサネットによるL-1000/1400データロガー全機器のモニタリングが可能です。PoE接続にも対応しています。

DL1000 Temperature data loggers

 お問い合わせ

    特徴

     特徴

    • バリデーションと連続モニタリングを1台で実現。
    • ポータブルな自律型ロガー。
    • NISTトレーサブルな温度計測精度。
    • 改ざん防止機能付きで21 CFR Part 11に準拠したドキュメント作成。
    • 内部温度センサ、メモリ、10年電池搭載。
    • パスワードにより保護されたのセットアップ/ダウンロード/校正機能により収集データの完全性を保証。
    • 外部配線、電源コード/接続不要。停電やネットワーク障害による影響なし。
    • ユーザーにより設定可能なサンプリング間隔(1分毎、1時間毎など)と、複数年の記録が可能なデータ容量。
    • 優れた長期安定性の温度センサ。
    • cGMP、ISO9000、HAACP等品質基準への対応をサポート。
      現場校正やマッピングサービスも実施。
    • ヴァイサラviewLincまたはvLogでプレゼンテーションや監査にそのまま使用できる任意期間のレポート/グラフを作成でき、MS Excelへのエクスポートも可能。
    • クリップイン式の外部入力でプローブを確実に接続し、設置困難な場所でも柔軟に対応。
    技術仕様

    一般仕様

    寸法/質量 85mmx59mmx26mm / 60g
    動作範囲 -40ºC~85ºC、0~100%RH
    インターフェース RS-232シリアルポート、イーサネット、PoE
    取り付け 磁気ストライプ、マジックテープ
    PCソフトウェア 対応ソフトウェアパッケージ:
    (ヴァイサラ 製品):viewLinc(環境モニタリング/アラーム), 、OPCサーバーソフトウェア、Spectrum Excelアドイン、Spectrum API(カスタムアプリケーション)
    内部クロック
    精度:-25ºC~+70ºCにおいて±1分/月
    電磁適合性 
                                                 

    デジタルデバイスではFCC Part 15、放射妨害波、静電放電、放射感受性ではCE要件適合

    電源
    内蔵型10年寿命リチウム電池(サンプリング周期1分の場合)
     


    温度レコーダー精度

    センサ  校正済み  
     測定範囲
    分解能 1年精度
    内部  -25ºC~  
     +70ºC
     +25ºCにおいて
     0.02ºC

     +20ºC~+30ºCにおいて±0.15ºC
     +/-0.25°C over -25°C to +70°C

    “N”レンジ
    外部プローブ
     -25ºC~ 
     +70ºC  
     +25ºCにおいて
     0.02ºC

     +20ºC~+30ºCにおいて±0.15ºC
     -25ºC~+70ºCにおいて±-0.25ºC

    “L”レンジ
    外部プローブ
     -50ºC~
     +10ºC
     +20ºCにおいて
     0.02ºC

     50ºC~+10ºCにおいて±-0.25ºC

    “V”レンジ
    外部プローブ
     -90ºC~
     -40ºC

     -80ºCにおいて
     0.02ºC

     -90ºC~-40ºCにおいて±-0.25ºC


    内部温度センサ

    センサタイプ
    エポキシ被覆NTCサーミスタ
    応答時間
    撹拌空気中で10秒(サーミスタのみ)


    メモリ —  SP-1000モデル

    メモリタイプ
    データサンプリング
    容量 

    メモリモード

    メモリ保護

    サンプリング周期



    記録可能期間

        不揮発性EEROM

        48,100 12ビットサンプリング


       ユーザー設定:FIFOメモリまたはメモリフル時に停止

       データ保持>電源供給なしで20年以上

       10秒に1回から1日1回までユーザー選択可能(10秒間隔)。
       サンプリング周期1分で10年の電池寿命

     
      記録可能期間はサンプル間隔および記録チャンネル数による。
      一般的なサンプリング周期とFIFOまたは停止(「メモリモード」
      参照)までのメモリデータ保持期間を以下の表に示す。

    サンプル間隔
        収録間隔
       (有効記録チャンネル数と対応)
      1 2
     10 秒
    5.5 日 2.7 日
     1 分
    1.1 ヶ月 16.7 日
     5 分
    5.5 ヶ月 2.7 ヶ月
     15 分
    1.3 年 8.3 ヶ月
     1 時間
    5.4 年
    2.7 年 
     


    メモリ —  SP-1400モデル

    メモリタイプ

      不揮発性EEROM

    データサンプリング
    容量
      85,300 12-ビットサンプリング
    メモリモード
      ユーザー設定:FIFO (メモリがフルになると古いものから
      上書き)またはメモリフル時に停止
    メモリ保護
      データ保持>電源供給なしで20年以上
    サンプリング周期
      10秒に1回から1日1回までユーザー選択可能(10秒間隔)
    記録可能期間
     記録可能期間はサンプル間隔および記録チャンネル数によ
      る。一般的なサン プリング周期とFIFOまたは停止
     (「メモリモード」参照)までのメモリデータ保持期間を以下の表
     に示す。
      サンプル間隔 
     収録間隔(有効記録チャンネル数に対応)
      1 2 3 4
      10 秒 9.8 日 4.9 日 3.2 日 2.4 日
      1 分 1.9 ヶ月 29.6 日 19.7 日 14.8 日
      5 分 9.8 ヶ月 4.9 ヶ月 3.2 ヶ月 2.4 ヶ月
      15 分 2.4 年 1.2 年 9.8 ヶ月 7.4 ヶ月
      1 時間 9.7 年 4.8 年 3.2 年 2.4 年
    サービス
    カタログ等資料