Skip Ribbon Commands
Skip to main content

大気環境のモニタリングと予測

都市の大気汚染は、何百万人もの人々の環境と健康に対する深刻な脅威となります。今後数年で、大気汚染がもたらすリスクを低減するために、大気環境をモニタリングし、制御する能力を高めていかなければなりません。気象は、日々の大気環境の変化に大きな影響を及ぼします。

ヴァイサラは、気象観測ソリューションのプロバイダーとして、大気環境を予測する優れたリアルタイム観測機器とシステムの提供を支援しています。大気環境予測の主なニーズとして、地表と上空のプロファイル計測をはじめとする多様な大気気象観測項目があります。ヴァイサラのシステムによって優れた観測が可能になるため、十分な情報に基づいて大気環境の制御に関する意思決定を行うことができます。

    アプリケーションノート
    推奨機種
    • 気象用機器 気象用途 
    • ヴァイサラの観測機器は、現在から将来にわたり、最も必要とされる時点で、正確かつ信頼性の高いリアルタイムの気象データを確実にご提供いたします。
    • 風向風速センサ 気象用途 
    • ヴァイサラ シーロメータCL51 
    • 低層と中層の雲に影響されない高層巻雲の計測、または過酷な条件下における鉛直視程の計測用に設計されています。雲のレポート範囲は13km(4万3,000フィート)まで。15km(4万9,200フィート)までの全範囲にわたるバックスッキャッタプロファイリングが可能です。先進的なシングルレンズ設計で低高度でも優れた性能を発揮します。
    • シーロメータCL31 気象用途 
    • 高度2万5,000フィート(7.5km)まで、全天候下における卓越した性能と信頼性をご提供します。 先進的なシングルレンズ設計で低高度でも優れた性能を発揮します。米国連邦航空局(FAA)により認定・導入されているほか、米国気象局に採用されています。