Skip Ribbon Commands
Skip to main content

気象予測

気象予測とは、将来における大気の状態を予測することです。予測の主な目的は、気象事象に対応した活動を計画し準備するための情報をご提供することです。気象関連の事象は、多くの人々の活動やさまざまな社会経済分野に影響を及ぼします。今後の気象の変化を把握することで、 的確に何をいつ行うべきかを計画する際の意思決定が可能になります。

気象予測の際には、現在の大気の状態を知る必要があり、そのために気象観測が必要となります。また、大気の状態と今後の変化を評価するための情報として数値気象予測モデルが用いられます。こうしたすべての情報が気象に関するノウハウに基づいて気象予報と組み合わされ、公共メディアや情報伝達チャネルを通じて、意思決定のために情報を必要とする方々へ配信されます。