Skip Ribbon Commands
Skip to main content

ヴァイサラ視程・現在天気計FS11P

Present Weather Sensor FS11P for precipitation and visibility measurement
    概要

     概要

      • 50kmまでの視程を計測
      • 降水の種類と強度を検出
      • 総観観測や航空観測に最適
      • 米国連邦航空局(FAA)に採用されるなど豊富な実績を誇る前方散乱滑走路視程距離(RVR)センサ
      • FAAおよび国際民間航空機関(ICAO)の仕様に準拠したRVR・視程計測
      • 豊富な実績を誇る現在天気センサ技術
      • 最低限のメンテナンス
      • ICAO損壊基準に準拠
      技術仕様

       技術仕様

      視程(MOR)計測

       

      計測範囲(MOR)
      精度

      5~75,000m(1分、3分、10分平均)
      5~10,000m:+10%
      10,000~75,000m:±20%

      現在天気

       

      天気分類


      レポート様式

      降水タイプ7種類(雨、氷晶雨、霧雨、霧氷雨、みぞれ、雪、凍雨 )
      霧、ミスト、靄(煙性、砂性)、晴れ
      WMO4680(SYNOP)コード表、4678(METAR)コード表、NWSコード表
      WMO4680コード表より49コード

      動作環境

       

      動作温度
      動作湿度
      風速

      -40ºC~+65ºC(オプションで-55ºC~+65ºC)

      0~100%RH
      最大60m/s

      入出力

       

      主電源
      消費電力

      出力

      100/115/230VAC±10%、50-60Hz
      最大370W
      (50VA + 320VA 除霜ヒーター)
      シリアル回線RS-232または光絶縁型RS-485(2線式)またはオプションのデータモデム
      別にRS-232メンテナンス用回線

      基本構造

       

      寸法
      質量
      マスト

      2.8m x 0.9m x 1.0m
      52kg(フランジブルマストFSFM250を含む)
      フランジブル・ヒンジ複合繊維マスト

      詳細は、「カタログ等資料等」タブ内のカタログをご覧ください。

      サービス