Skip Ribbon Commands
Skip to main content

ヴァイサラ視程センサPWD10/PWD20/PWD20W

Upgradable Visibility Sensors for accurate, traceable measurement of prevailing visibility
    概要

     概要


    • 高精度の視程測定
    • 優れた耐久性と汎用性
    • 簡単な取り付け

    風力タービン用視程計PWD20W:
    航空安全を目的とした風力タービンの確認に航空障害灯が使用されています。一部の国では、視認性に基づいて障害灯の強度を制限する規制が設けられています。この強度制限に対応するために設計されたヴァイサラの視程計PWD20Wは、風力タービンに取り付けて使用できます。PWD20Wはその耐久性と汎用性の高さから、さまざまなメーカーに選ばれています。

    技術仕様

     技術仕様

    視程(MOR)計測

     

    PWD10:
    測定範囲


    PWD20およびPWD20W

     

    PWD20およびPWD20W
    測定範囲

    10~2,000m(32フィート~1.2マイル)

    使用環境


    ​使用温度範囲 ​-40℃~+60℃


     


    使用湿度範囲

    0~100%RH

    入出力


    ​出力 ​RS-232、RS-485、アナログ電流、リレー出力

    動作電圧 ​12VDC~50VDC(電子回路部)
    24VACまたは24VDC(ヒーター用)

    ​消費電力

    ​PWD10、PWD20、PWD20W ​3 W (electronics with dew heater @ 12VDC)

    基本構造

     

    寸法

    40.4 (w) x 69.5 (l) x 19.9. (h) cm


    ​質量 ​3kg(7lb)

    詳細は、「資料カタログ等」タブ内のカタログまたはユーザーガイドをご覧ください。