Skip Ribbon Commands
Skip to main content

受入検査

Services for Vaisala instruments and measurement devices: Acceptance testing to verify that the system delivered to you is operational and is performing according to specifications.
    概要

     概要

    お客様は受入検査により、自社のシステムが利用できる状態にあり、仕様に合った内容になっていることを確認することができます。受入検査は、ヴァイサラの工場またはお客様の施設で標準的な手順に従って実施されます。お客様は受入検査に参加することにより、機器の機能性をより深く理解できるようになります。
     

    工場出荷検査


    工場出荷検査(FAT)の目的は、ヴァイサラの工場で所定のFAT手順に従った検査を行うことです。FATでは、ヴァイサラの工場で性能パラメータのチェックリストに従って、観測システムのハードウェアとソフトウェアの徹底した検査が行われます。FATは通常、お客様の立ち会いのもとで実施されます。

    現地受入検査

     
    現地受入検査(SAT)の目的は、お客様の施設でシステムが円滑に始動することを確認し、機器が性能要件を満たしていることを検査することです。SATはお客様の立ち会いのもとで実施されることもあれば、簡略化された設置検査のみのこともあります。