Skip Ribbon Commands
Skip to main content

鉄道用気象システム


送電レール凍結検知システム

送電レール凍結検知システム

ヴァイサラIceCast送電レール凍結検知システムは、ユーザーに凍結、着霜、着雪が発生する恐れを事前に知らせます。このシステムは最先端の技術を活用しており、送電レールにセンサが組み込まれています。


送電線凍結検知システム

送電線凍結検知システム

鉄道送電線の凍結は、列車の停電のほか、より深刻な事態としてシステム障害を引き起こします。ヴァイサラIceCast送電線凍結検知システムは、送電線の凍結発生を検知してユーザーに事前に警告します。


レール温度検知システム

レール温度検知システム

レールの座屈は安全と性能に関わる重要な問題です。ヴァイサラ鉄道向けIceCastレール温度検知システムでは、年間を通じたレール温度のリモートモニタリングが可能です。


鉄道用気象システム

鉄道用気象システム

ヴァイサラ鉄道向けIceCast気象システムは、降水の種類、降雨強度、総雨量(mm/24h)を現在天気計(PWD)を用いて通知します。こうしたデータは大雪や、豪雨による盛土の浸食、決壊、地滑りの危険性を作業者に警告する上で役立ちます。


風警報システム

風警報システム

強風のためにむき出しの送電線が激しく揺れることがあります。時には強風によって、列車の停電、送電線の切断、積載物のない貨物列車の脱線が発生することもあります。風警報システムは、事前に強風による事故の警告を発します。