Skip Ribbon Commands
Skip to main content

AviMetデータリンク

Equipping your airport with Vaisala AviMetTM DataLink allows all providers to incorporate your AWOS observation into their weather maps and briefings
    概要

     概要

    お客様の空港を天気図に掲載

    パイロットは、米国連邦航空局(FAA)のフライトサービスや、航空交通管制(ATC)、米国自動気象予報サービス(DUATS)のほか、民間気象予報機関、Webサイト、パイロットブリーフィングシステム、民間の予報会社等から入手した気象情報を用いてウェザーブリーフィングを行いフライト計画を策定しています。

    お客様の空港にヴァイサラAviMetTMデータリンクを導入すると、自動気象観測システム(AWOS)の観測結果が、それらすべての気象サービスプロバイダーの気象マップと発表資料に取り入れられます。ヴァイサラがお客様のデータの単独の配信元となり、データリンクがAWOSの観測結果を、全米航空データ交換ネットワーク(NADIN)経由でFAAの気象通報交換センター(WMSCR)に送信します。WMSCRは、ワンストッププロバイダーとして、お客様のすべての観測結果を全ユーザーに送信します。

    詳細は、「AviMetデータリンク」のカタログをダウンロードしてご覧ください。「観測業務一括サービス」に関する詳細は、当社セールス窓口(aviationsales@vaisala.com)までEメールでお問い合わせください。