Skip Ribbon Commands
Skip to main content

IceCast Forecast コントローラー

    概要

     概要

    ヴァイサラの24時間凍結予測モジュールは、ヴァイサラIceBreakHeatバランスモデルを利用しています。IceBreakは世界中で利用されており、現在10を超える国立の気象機関が道路管理局および空港管理局向けの予測の提供に使用しています。IceBreakが有効に機能するためには、特定の場所における路面温度および路面状態の予測に大気変数の予測入力をどのように用いるかが重要です。標準的な予測期間は24時間ですが、必要に応じて72時間まで延長可能です。

    予測コントローラーは、クライアントまたは予報機関が、道路または滑走路の事業者向けに、長期的な地上気象予報を自動生成するのを可能にします。予報コントローラーは、特定のウェザーステーションに向けた路面温度および路面状態の24時間予測を自動生成します。そのためには、メソスケールデータ(適切な予報気象ステーション用の大気予報データ)が必要となります。

    主な特長
    • 路面温度および路面状態の24時間予測
    • サーマルマップの作成または凍結防止剤散布経路の策定に予測を利用可能
    • 予測をIceViewまたはIceWebで表示可能
    • マニュアル入力不要
    • (メソスケールデータの受信で)ユーザーが予測対象時刻を指定可能

    ヴァイサラがIceBreak熱収支モデルを用いて生成した24時間予測のIceWebによる表示。

    IceCast Forecastコントローラーに関する詳細は、当社セールス窓口までお問い合わせください。
    カタログ等資料