Skip Ribbon Commands
Skip to main content

IceCast Nowcast コントローラー

    概要

     概要

    路面温度と凍結の予測技術が向上すれば、冬期における路面と滑走路のメンテナンスプロセスを改善できます。また、架線の凍結を事前に警告できれば、鉄道事業者は冬期業務をより適切に計画できます。

    そこでヴァイサラは、自動の凍結短時間予測モデルであるNowcastを開発しました。この製品は、人間の作業を不要とするヴァイサラIceBreak熱収支モデルを採用しています。その結果、特定の気象ステーション(RWIS/ESS)の場所について、路面および鉄道架線の温度や状態の3時間単位の速報をご提供できるようになりました。これは特に、気象災害の可能性のモニタリングと、タイムリーに効果的な予防措置を講じるのに有用です

    IceBreakは、世界で最も広く利用されている凍結予測モデルであり、10を超える国立の気象機関が道路、鉄道、空港の管理当局向けに予測を提供するために利用しています。ヴァイサラは、世界各地の多数の場所でNowCasting製品を使用してきました。

    Nowcastは、道路、滑走路、鉄道の事業者が独自に短期予測を生成できる設備をご提供します。Nowcastは、気象ステーションがある場所における路面温度および路面状態について自動で3時間先まで予測します。

    主な特長
    • 路面温度および路面状態の3時間先までの短時間予測メソスケールデータを追加すれば6時間まで延長可能)
    • Nowcastはアイスビュー(IceView)で表示可能
    • マニュアル入力不要
    • ユーザーがNowcast生成時刻を指定可能
    • 場所ごとにNowcast生成の上限温度レベルを指定可能
    • 鉄道用途向けでは電線の温度とその表面状態のNowcast生成に利用が可能

    IceCast アイスビュー(IceView)ディスプレイソフトウェアで表示された予測グラフ。このグラフは、3時間先までの4つのNowcastを異なる破線で表示したものです。

    IceCast Nowcast コントローラーに関する詳細は、当社セールス窓口までお問い合わせください。