Skip Ribbon Commands
Skip to main content

キャリブレーション・ブック

キャリブレーション・ブック正の総合的な導入書です。同書において、校正のとなっている理論的根拠をまとめ、校正の必要性に影響を及ぼすいくつかの要因について説明しています。また、同書には相対湿度、露点、温度、気圧の校正に関する具体的情報も含まれています。

ダウンロード可能な「キャリブレーション・ブック」は英語版のみとなりますので
校正に関してのお問い合わせはjapan.support@vaisala.com まで
お問い合わせ頂きますよう、お願いします。


    目次
    範囲
    はじめに 
    1. 校正要件
         1.1. 品質管理基準
         1.2. トレーサビリティ
         1.3. 校正文書
         
    校正の有効性

    2. 計測学校正サービス
         2.1. 国際協力
         計測に関する法規
         
    計測学
         
    認定
         2.2. 国内の測定基準試験所
         2.3. 民間の校正サービス
         認定試験所
         非認定の校正サービスと試験所
      
     2.4. 社内校正
         組織と管理
         技術文書
         基準器の選択

    3. 校正作業                  
          校正結果への対処
         3.1. 校正方法の選択
         校正の時期
         試験所および現場での校正
         現場でのスポットチェック
         3.2. 校正間隔の決定
         校正間隔の延長
         校正間隔の短縮
         3.3. 校正ポイントの選択
         3.4. ユーザーによる校正
         温度平衡
         安定化とサンプリング
         不確かさの算出
         結果の表示

    4. 校正の実際
         4.1. 湿度の校正
         基準器の選択
         相対湿度の校正
         露点の校正
         4.2.温度の校正
          ITS-90温度スケール
         基準器の選択
         温度の校正方法
         4.3. 気圧の校正
         基準器の選択
         気圧の校正方法

    5. ヴァイサラの校正サービス 

      付録A: 用語集
      付録B: 略語集
      付録C: 不確かさの計算
      参考資料