Skip Ribbon Commands
Skip to main content

国連グローバルコンパクト

Vaisala is a UN Global Compact signatory since October 2008. We are proud to support the ten principles of Global Compact and we will also promote these values to our stakeholders. Global Compact requires signatory organizations to supply a ‘Communication on Progress’ (COP) annually. The 2010 CR-report acts as Vaisala’s third COP.

ヴァイサラの「グローバルコンパクト10原則」進捗状況


人権

 
 
原則1:企業は、国際的に宣言されている人権の擁護を支持し、尊重する
 
2008年策定のヴァイサラ行動規範に採択。 2008~2009年に全社員を対象とした行動規範研修を実施。新入社員研修を継続。
原則2:人権侵害に加担しない
 
2008~2009年に全社員を対象とした行動規範研修を実施。新入社員研修を継続。

労働基準

 
 
原則3:企業は、結社の自由を支持し、団体交渉権の承認を実効あるものとする
 
行動規範に採択。各地域の法制度に従い、社員代表を組織。
原則4:あらゆる形態の強制労働を排除する
 
行動規範に記載。現在まで違反報告なし。
原則5:児童労働を実効的に廃止する
 
行動規範に記載。現在まで違反報告なし。
原則6:雇用と職業に関する差別を撤廃する
 
行動規範に記載。

Environment

 
 
原則7:企業は、環境問題への予防的な取り組みを支持する
 
基幹製品のライフサイクルアセスメントにより環境への影響を評価。責任あるイノベーションと製品開発を推進。
原則8:より大きな環境責任を率先して引き受ける
 
2008年にフィンランド技術産業連盟の省エネルギー協約に署名。WWFフィンランドの「グリーンオフィス」プログラムに参加。
原則9:環境に配慮した技術の開発と普及を促進する
 
気候変動の研究用など精度の高い計測機器に対する需要の高まりに応えるため「利用可能な最良技術(BAT)」の開発を継続

腐敗防止

 
 
原則10:企業は、強要、贈収賄等、あらゆる形態の腐敗防止に取り組む
 
行動規範およびヴァイサラの腐敗防止国際規定に記載 Vaisala's management enforces a strict, zero-tolerance policy on any forms of bribery and corruption.


フィンランド企業として地域ネットワークへ参画


ヴァイサラは、デンマーク、フィンランド、アイスランド、ノルウェー、スウェーデンの署名企業で構成されるグローバルコンパクト地域ネットワークの1つ、「北欧ネットワーク」に所属しています。北欧ネットワークでは、メンバー企業を対象とした研修フォーラムを開催し、企業責任や10原則の実施に関する優良事例を紹介しています。北欧ネットワークの会合は、メンバー国にて年2回開催されます。ヴァイサラは、他の企業とのベンチマーク評価を目的として、フィンランドの署名企業よる討論会にも参加しています。フィンランドの署名企業は、年に2度会合を開き、互いに優良事例を紹介したり、未署名企業にグローバルコンパクトへの参加を呼びかけたりしています。

北欧ネットワークに関する詳細は、http://www.gcnordic.net/をご覧ください。